隣人の騒音 敏感な人が騒音を気にしない為の対応方法とは

音がストレスに変わる原因

普段、私たちが耳にする音は無数にあるはずなのに、その中でもストレスに変わる騒音とそうでない音に大きく分かれます。
いったいどんな音がどんな理由で騒音に変わってしまうのでしょうか?

実は騒音に変わるか、変わらないかの境目は非常に簡単で、単純に気になるか気にならないかの違いになります。

なんだそんな事かと思うかもしれませんが、実際にみなさんも音が一度気になってしまうと、同じ音がなる度に気になって仕方がなくなってしまう事を一度は経験していると思います。

例えば、職場であれば仕事をしている時の向かいの席の人のキーボードを叩く音や、癖で指で机を叩く音、咳払いの音。
家庭内では家族が食器を取る時の音や、ドアを閉める時の音など細かい音。
集合住宅などでは、廊下を通る人の足音や喋り声など、みなさんの身の回りでも気になってしまったが故に騒音になってしまったパターンが思い当たると思います。

実際にあった話では、集合住宅ではエレベーター付近に住んで居た人が、数年間全くエレベーターの音など全く気にもならなかったのにも関わらず、一度エレベーターの音が気になってしまった途端に気にせずにははいられなくなってしまったという事例もあるぐらいです。

音がストレスに変わる原因は、音を気にしてしまい聞こえ続けてしまうからになるのです。

騒音を気にならなくする方法

一体音を気にならなくする為にはどうしたら良いのかですが、これは一言で言えば「音を諦める」という事です。
いきなり「音を諦める」と言われても、何を言っているんだ?となるかと思いますが、実はこの「音を諦める」という事が出来れば、騒音が気にならない状態になったとも言えるのです。

例えば上記でも一例として上げさせて頂きました、一度気になったらずっと気になってしまう音である「キーボードを叩く音」や「ドアを閉める音」などは全て人的に発生させられている音になります。
これらの人的に発生させられた音に対する騒音は、その人が行動を改めれば音は発生しなくなります。

つまり人は騒音に対して「うるさいな」と思った後に「静かにしてくれ」と音を発する人に対してストレスが発生して騒音に変わることが多いです。

この例で挙げられるのが、雨の音です。

隣の家のベランダに貼ってあるビニールシートに雨の当たる音がうるさい場合は、そのビニールシートを設置した隣人によって対策ができる為、隣人に対する「ストレス」が発生して騒音になってしまいます。
しかし、そもそもの音の原因である雨の音に対しては「騒音」という認識を持つ人がいません。

これは雨の音自体は自然現象による物で、どうする事もできないという「諦め」から雨の音は気にしておらずストレスに変わる事がない為です。

つまり決して簡単ではありませんが鳴っている音に対して諦めてしまい、こういう物だと受け入れてしまう事が騒音対応策の1つになります

音を気にしない為のポイント

音を諦める為には「仕方ない」と思う事が必要なのですが、正直かなり精神的な戦いになります。

その為、自分自身の感情からストレスを出来るだけなくし、心にゆとりを持って接する事が必要になってきます

困っている騒音に対してはまずは「一生この音が続く」や「今の家しかない」というマイナスな考えから「この音が一生続くわけじゃない。最悪引っ越してしまえば終わることだ」という様な、少しプラスの考えに変える事で気持ちに余裕を持つことが大切になります。

また、気にしない様に気にしている自分に対しても、イライラする事も出て来ますが「今は始めたばかりでイライラするのも仕方がない事だ」という様に自分の感情も広い心で受け入れていく事が必要になってきます。

まとめ

音は気にしてしまった時から騒音になってしまうので、結論から言えば最終的に気にならなくなれば解消はされます。
しかし言葉で言うのは簡単ですが、実施する事は決して簡単なことではないのが現実です。
それを手助けする遮音アイテムも存在しますので、それら上手に利用して気になり難い環境を作って対応していくのが、自身で出来る騒音解決の近道になります。

実際に今回の方法で音を気にしない様に心がけて、引っ越さずに騒音問題から解消された人もいますが、1つ忘れてはいけないのが騒音は気付かないうちに精神的ダメージを与えられている事も良くあるという事です。

体を壊してしまっては元もないので、あまりムリに対応せずに潔く引っ越してしまう事も1つ対策と言えるでしょう。