アパートでの騒音トラブル 実際に解決した事例とその方法とは

アパートなどの集合住宅での騒音問題は非常に解決が難しいと言われていますが、実際に解決に至った事例とその時の対応方法をご紹介していきます。

騒音に悩んだらまずやること

騒音問題に困ったらまず必ず実施する必要があるのが次の点になります。

・騒音の詳細を記録する

まず最初に行う必要が出てくるのが騒音の詳細を記録するということです。

これはわかる範囲で構いませんので「いつ」「どのあたりで」「何時頃」「どんな音が」「どのくらいの音量で」「どんな頻度で」などを記録するようにしてください。

この記録を元に管理会社に対して騒音の詳細をを伝えて対応していただく必要がある為、出来るだけ詳しく記録しておく様にしましょう。

・管理会社へ連絡する

次に管理会社へ連絡して騒音の詳細を伝えます。

この管理会社にどの様に動いてもらかが非常に大事なカギとなってくるのですが、ここで音の詳細があるかないかで管理会社の動きやすさが大きく変わってきます。

また音の詳細があることで、「このフロアの方全員にうかがわしてもらっているのですが、実は○○頃に○○の様な音で困っている方が見える様でして同じような音で困っていらっしゃいますか?」などの依頼主の特定を避けるような確認もしてもらえる様になりますからね。

事例

1.深夜のスピーカからの騒音がうるさい
→スピーカの下に防振マットを敷いてもらい対応

2.深夜にガタガタと音がしてうるさい
→腹筋マシーンで筋トレをする時の音だったので、防音マットを敷いてもらい対応

3.上の階の歩く足音がうるさい
→大柄の男性だったので、底の分厚いスリッパを履いてもらい対応

4.楽器を弾く音がうるさい
→楽器を弾く人と、騒音で困っている人との間で、弾いてよい時間と控えてもらう時間を取り決めて対応

この事例はすべて管理会社の人が音の原因を見つけ、音を発生させている家に対して、対応していただいた方法になり、騒音の伝え方と管理会社の行動方法が非常に大切になってきます。

忘れてはいけないポイント

騒音音解決の時に、ほとんどの方が見失なってしまう大事なポイントが次の2つになります。

・犯人探しが目的ではなく騒音の解決が目的であることを忘れない

今回はあくまで犯人を見つけることが目的ではなく、騒音を減らして快適に過ごせる時間を作ることが目的です。
騒音に長く悩まされると、「犯人探し」とその人からの「謝罪」を求める事に意識がいき過ぎてしまい、本質からそれてしまう事があります。
極論は「騒音さえ落ち着いてくれれば犯人なんかどうでも良いし、謝罪もいらない。」ぐらいの気持ちでいる事が大事です。

・100%相手が治すではなく、自分も少し我慢してお互いが納得出来る場所を見つけ

これもよく被害者の方が、勘違いされるのですが100%相手が治して解決を望むということです。

集合住宅に住んでいる以上、近隣の方との助け合いはかかせません

例えば、子どもがゲームなどで遊ぶ音がうるさかった時に、それをゼロにしろというのは現実問題中々難しいのが現実です。
なので、「19時頃まではゲームをして頂いても良いが、遅くても20時以降は控えてもらう」などのお互いが我慢でき納得できる場所を見つけることも大切になってきます。

匿名では解決しない理由

今回の事例とポイントを見ていただくと理解してもらえるかと思いますが、お互いが納得できる場所を見つける事が出来た時に、スムーズに解決するケースが非常に多いです。

つまり、どうしても騒音の原因をゼロにする事が出来ない場合には、話合いの場を管理会社さんに設定して頂いてお互いの納得できるラインで解決するという事が重要になってきます。

そんな中、匿名は絶対に守らなければならないとなると、管理会社の人も打つ手がなくなってしまい対応が難しくなってしまいます。

また、仮にご自身が出している音に対して、管理会社から注意が来た時に「匿名で○○の音がうるさい」と言われ、その人と話合いでお互いが納得する落としどころを見つけたいと伝えた時に、「相手方がどなたかは明かせません」と言われたどう思いますか?
正直、気を付けようという気持ちが薄れますよね。

この様に時と場合にもよりますが、100%匿名にこだわり過ぎるが故に解決を遠ざける原因になることもあります。

まとめ

騒音問題は当事者同士が最初から顔を合わすと、悪い方向に行く事が多いため。基本は自分で動かずに管理会社に動いてもらうことがおすすめです。

そして管理会社を動かす為の、情報収集や目的が「騒音で悩む生活の解消」という事を忘れずに対応していくことが大事なるかと思います。