もう我慢できない〜近隣騒音を録音する方法

マンションなどに住んでいると、近所からの騒音に悩まされるといった近隣騒音トラブルに巻き込まれてしまうケースも少なくありません。

直接外から聞こえる大きな音ではなく、室内にいる時の隣人の小さな断続的に聞こえてくる騒音に悩みながら、どうしていいかわからずに泣き寝入り…そんな悩みを持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そういった隣人の音に関する問題は睡眠不足から不眠症へ、そして精神的なダメージを受けてしまうほど辛いものです。

小さなトラブルから大きな事件へ発展してしまったケースもあります。そして、こちらではトラブルが起きてしまった時に証拠を残すための騒音録音方法などについてまとめました。

騒音トラブルが発生したらどこに相談するべきか

騒音トラブルが発生してしまったら、直接騒音主のところに行くことはやめましょう。相手によってはそれ以降さらに騒音がひどくなったり、嫌がらせをされるなど大きな事件に発展してしまう危険性があるからです。まずはマンション管理会社や不動産会社に連絡しましょう。

管理会社や不動産会社に相談しても騒音主に直接注意してくれる場合はほとんどなく、共同住宅の共有部分に紙で張り出されるなどの対策をとってくれることはありますが、騒音主は自分が騒音を出していることを自覚していない場合も多いので、ほとんど効力がありません。

警察に相談する方法もありますが、事件性がないとなると警察も動きようがありませんので「隣の騒音が…」といってもすぐに対処してもらえるわけではありません。

最終的には弁護士に頼んで裁判を起こすなどの方法がありますが、そこまで行く前に隣人の音がどの程度酷いものか自身で録音するなりして証拠を残しておくといった対策をとっておいた方が後で役に立ちます。

近隣騒音を録音する方法

いざ、隣人の騒音を録音しようと思ってもなかなか簡単にできません。集合住宅の場合は隣の部屋からの音だと思っていても実は別の階からの振動が壁を伝って隣人からの騒音のように聞こえていた、そんなケースがあります。

自分が気になる騒音がどこから聞こえてきているのか、音の発生源を掴むようにしましょう。

発生源をつかんだらその音がどれだけ人にとって不快であるかの証拠を残すためにも録音しておきます。

録音方法ですが、家電量販店で売られているボイスレコーダーなどでは小さな音は中々拾いきれずうまく記録を残すことはできません。

最近では携帯のアプリで「騒音計測メーター」が出ていますのでそれを使って録音することもできますがそのままでは小さな音を拾うことはやはり難しいのが現状です。

量販店で別売りの集音マイクを購入してきてそれを使う方法があります。

録音が成功したら、日付・時間・どんな音がしたのかについてメモを残して記録しておきます。携帯のアプリなどで動画を残しておくのもよいでしょう。

この記録は、騒音主が騒音を出していることに対して自覚がない場合、いつ頃にどんな音を発していたかということを自覚させる意味で役に立ちます。

近隣騒音のまとめ

足音などの重低音は録音するのが中々難しいようです。録音しても再生すると音が入っていないこともあります。どうしても録音したい場合は騒音調査を特別に扱っている騒音調査会社などがありますのでそちらに相談してみるのも一つの方法ですが、かなり高額な費用が発生します。

また、隣人騒音がうまく録音できたとしても法律的に訴える証拠材料になりません。しかし、騒音主や管理会社にこんな騒音が出ていることを知らせたり、普通の生活をする上でこんなにも騒音が出ているのでマンション住人全員が気をつけましょう、など自治会などで注意喚起をしてもらう材料にはなります。

隣人騒音は自分が思っているのとはかけ離れた伝わり方をしている可能性があるので隣から聞こえてくるからといって自己判断で苦情を出すのは控えて、管理会社に証拠をもとに相談してみましょう。