ご近所トラブル〜騒音苦情を言われてしまった時の対応方法

小さな子供がいる家庭では、子供の騒ぐ声や足音などが階下や隣人の住人に響くことも多く苦情を受けることも多いようです。

入居条件で子供OKの住宅だったので契約したのにも関わらず、ご近所から「子供の足音がうるさい」と直接クレームを言われてしまうなどのケースも少なくありません。

子供の走り回る音や飛び跳ねる音は階下に響きやすく、不動産会社やマンション管理会社へのクレームが多い内容で、常に近隣トラブルの上位を占めるほどです。

もし、自分が階下からクレームを言われてしまった場合にはどんな対応をすればよいのかについてまとめました。

騒音苦情を言われてしまった時の対応方法

生活をしている本人からすると、階下や隣の住人にどれだけの音が響いているのか計り知れません。しかも、騒音といっても感じ方は人それぞれですし、苦情を言う人もいれば言わずに我慢してしまう人もいることでしょう。

マンション内に苦情が出るとほとんどの場合は管理会社へ連絡が入る事が多いです。その場合、エレベーターや入口の掲示板など共有部分に「静かにしましょう」などの注意が貼り出される事になります。

それでも騒音が収まらず、例えば階下の住人が部屋番号を指定して管理会社に通報した場合は直接自分のポストに投函されることになります。その場合は個人間の揉め事を防止するため、どこからのクレームかは明記されていませんが階下からのクレームだと思って間違いないでしょう。

この時点で、初めて自分の部屋から大きな騒音を発しているかもしれないと気づくことになりますので、ここでできるできる限りの対策を取るように心がけましょう。

もし管理会社を通さない場合、または再三の注意によっても騒音が収まらない場合は直接苦情を受ける事もあるでしょう。

そんな時は、常識的な相手ならばとりあえず謝りましょう。その後は子供へ「家の中でドタバタ走ると階下の人に迷惑がかかるから静かに遊ぶ事」をしっかり教える必要があります。

その後のポイントは階下の人から受けたクレーム内容を管理会社へ伝えておく事が大切です。そして、階下の人へ「対策を取るようにしてみたのですが、その後はいかがでしょうか?」とご挨拶に行くことも忘れてはいけません。

クレームを言ってきた人にも管理会社にも「常識のある家族だ」と感じてもらえればお互いに楽になりますし、普通であれば多少のことは我慢しようと思ってくれることもあります。

但し、クレームを言ってきた人があまりにもしつこかったり、嫌がらせを受けるような場合は逆に管理会社へ通報するようにしましょう。

騒音苦情を言われる前に自分でできる対応策

子供がいて足音が響きそうな場合、リビングには必ずカーペットを敷くようにしましょう。特に子供の動線部分、普段子供が遊ぶ部分にウレタンのクッション製マットを敷くのも効果があります。

その上で、子供たちへのしつけも忘れてはいけません。

確かに、子供の足音や騒ぐ声はご近所への騒音となりクレーム対象なのですが、実は子供が出す騒音よりも近所迷惑なのが「子供を叱りつける親の声」なのです。

騒ぐ子供を叱りつける親の声の方が耳障りな騒音となるケースの方が多いようなので、この部分は自分で制御できるので十分に注意が必要ですね。

まとめ

ある程度常識のある人であれば子供の足音やさわず声などは「仕方がない」と多めに見てくれるはずですがこちらでいくら注意していても、騒音の感じ方などは人それぞれで中には「耳障りで我慢できない」と感じられる人もいることでしょう。

できる限りの対策を取っても難しい場合は、必ず第三者である管理会社や大家を挟んで対応しましょう。また、注意しているにも関わらず、どうしても苦情が収まらない場合は引っ越しを視野に入れることも必要になってきます。

引っ越し先を決める際には、不動産会社にできる限りご近所の情報を聞いておくことも大切です。