アパート下の階からの騒音に仕返ししたらとんでもないことに発展

アパートの騒音で悩んでいるのは下の階の人だけではありません。

一般的には上の階の人の生活音や足音などの騒音で下の階ばかりが悩まされているイメージがありますが、実は上の階の住人も下の階からの騒音に悩まされているケースが意外にあるものです。

下の階からの騒音は人に話してもすぐに信じてもらえないだけにとても厄介です。

アパート下の階からの騒音の種類

もし自分が1階に住んでいたとしたら足音や他の生活音を気にすることはまずないですよね。

一般的に足音が響くといった場合は「上の階の人の足音が響く」というような表現が多いはずです。

1階の住人の人はまさか自分の足音が上に響いているとは思っていないのではないでしょうか?

ところが、下の階に住む人の生活音は上の階の人にバッチリ響いているケースがあります。

よくあるのがドアを閉める音です。その他にも勢いよくカーテンを引く音や洗濯機を回す音、テレビの音や音楽も、そして足音さえ聞こえていることもあるのです。

特に、上の階の人が布団を床に敷いて寝ている場合は覿面です。下の階の人と生活のリズムが違ったりすると、夜眠ろうとした時に騒音が気になって眠れないなんてことになってしまいます。

アパート下の階がうるさい物件

確かに木造アパートは家賃が抑えられるという意味もあり、やむなく選んでしまう事もあるのですが上下左右からの騒音は聞こえてくるものだと思っておいて間違い無いです。

もちろん、自分自身の生活音も周囲に漏れ出しているのですが…。

不動産屋で引っ越し先の物件を選ぶときに建築構造の概要部分に「軽量鉄骨」と書いてある物件も要注意です。

軽量鉄骨は大量生産できる上、耐久性に優れている、施工の工期が短時間で済むため低コストで建築できる等の利点から施主がよく使う素材ではあるのですが、隣人の生活音がよく聞こえてしまう難点があります。

大抵の場合、引っ越す前には不動産屋と一緒に物件確認に行きますが軽量鉄骨でできたアパートは家賃が安めのわりに見た目は綺麗でしっかりしてそうに見える物件が多いですよね。

また、引っ越す前の物件確認は昼間や休日に行う場合が多く、概ね隣人が外出していて夜にどんな生活音がどこから響いてくるかもわかりにくいものです。

引っ越しをする前には一度、不動産屋にその物件に騒音のクレームが出ていないか尋ねてみましょう。何か情報が得られる可能性があります。

アパート下の階の人にうまくクレームを出す方法

下の階に住んでる人は大体の場合、苦情を言われることはないだろうと深夜でも気にすることなく音を出していると思われます。

よくある話で、あまりにイラついて思わず床をドンドン「気付いてほしい」アピールをしがちですが、それを1回やってしまったが為に少し音を出しただけで、逆に下から天井に向かって何かを投げつけられる音が止まらなくなってしまった…なんて事もあります。

そんなことをしていると思わぬトラブルに発展しかねません。

近隣トラブルに遭遇してしまった場合、どうすればよいのか。「まずは大家さんか管理会社に相談するのが先決でしょう」と、森田さんは教えてくれた。「トラブルを起こしたときに、苦情を言われた相手と直接話しをすると、余計に対立が強まり、さらなるトラブルに発展するケースが少なくありません」。もちろん、壁を叩かれたからといって叩き返したりすれば火に油を注ぐことになりかねないので止めたほうがよい。

引用元:https://suumo.jp/

近隣の騒音が気になったらまず最初に相談するのは管理会社です。多くの場合は相談するとまず最初にアパートに住む住人全員に何らかの方法で注意喚起されます。

それでも収まらない場合はでも、もう一度相談するなどして自分一人で解決しようとしないようにしましょう。

まとめ

賃貸アパートを借りるときには、物件の騒音について必ず不動産屋に聞くようにすることが大切です。

一般的には木造や軽量鉄骨でできた建物は音が漏れやすいと覚えておいたほうがいいですね。

様々な条件から、その物件に住むことになってしまった場合は、カーペットを敷くなど市販で売られている防音対策ができる商品でインテリアを工夫するなど自ら策を取ることをおすすめします。